古い日本の家の縁側

歴史のある家や、レトロな家に憧れる方は、古民家に住んでみたいという希望を持たれていることでしょう。しかし、そんな古民家にもそこに住むデメリットはあるのでしょうか?

今回は、古民家に住むことで発生するデメリットにフォーカスを当てて、様々な面からご紹介していきたいと思います。

リフォームや耐震対策、メンテナンス等のコストを考える

多くの古民家は修正や耐震面での補強が必要

古民家に住む上で、最初に発生するデメリットであるのが、リフォームや耐震対策に関わるコストが挙げられます。

なぜならば、多くの古民家は老朽化していることがあり、部分的に修正をしたり、耐震面で柱を追加して補強をしたりするなどの対策が必要だからです。

住もうとしている古民家の状態にもよりますが、リフォームと耐震対策にかかる出費は大きくなりがちです。

しかし、どれだけ大きいコストでも、リフォームと耐震については必ず行うべきものですので、避けられないコストになります。

定期的にメンテナンスの費用がかかることも視野に

古民家は、定期的なメンテナンスのコストもかかります。一般の家屋でもメンテナンス費用はかかるものですが、古民家の場合は古い木材などでできていることもあり、メンテナンスの頻度は多くなります。

また、古民家のメンテナンスをする場合、専門的な技術が必要になることもあります。そのような点から、メンテナンス費用が高くなるということも起こり得ます。

特に畳や茅葺屋根などの消耗する部分の取り替えなどで、大きな出費があるケースが多いです。そのよなデメリットがあることも知っておきましょう。

「夏をもって旨となす」はデメリットになることも

古民家は断熱性が弱いので寒い

昔の書物である徒然草には、「夏をもって旨となす」という一節があります。これは、家を考える場合、夏に快適に過ごせるようにしておくことが大切だという意味です。しかし、これを逆に考えると、家に熱をとどめておけない設計になっていることになります。つまり冬は断熱性が弱く、寒いのです。

多くの古民家は、その当時に主流であった夏をもって旨となすのセオリーから、断熱性が弱いものが多いです。そのため、古民家イコール寒いという方程式も成立するくらいです。

なんらかの対策をしていない、ありのままの古民家の場合、寒くて過ごし辛いというデメリットは起こり得るでしょう。

断熱や暖房設備にコストがかかることも

冬に寒くなる古民家は、快適な生活をしようと思えば、家が温かくなるような対策を行わなければなりません。

その対策としては、断熱や暖房のための設備を整えることが必要になります。

断熱性を高める上では、リフォームの一環で古民家の壁に断熱材を入れ込むことなどの方法があります。暖房設備の面では、床暖房設備を入れたり、馬力の強い空調設備などを入れる方法なども考えられます。

ですが、これらの断熱や暖房設備を取り入れるためには、それなりのコストがかかることを意識しておかなければなりません。

これらの寒さを回避するための対策にかかるコストも、デメリットの一つとなります。

虫や動物が出るというデメリット

古民家は虫も好む家なんです…

木材や土壁、茅葺屋根という自然素材で作られた古民家。それを好むのは、人間だけではありません。そう、虫たちもその自然の素材を好んで、古民家に寄ってくる傾向にあります。

また、何もない虫だけであれば良いですが、場合によっては木材が好きなシロアリなどの害虫が寄ってくることもあります。これらのことから、日常的に虫を見かけることが多いのも古民家の特徴になります。

虫が苦手という人の場合、古民家で住むことはストレスが大きくなるかもしれません。それに、虫が得意であっても、害虫からの被害に頭を悩まされるデメリットもあるでしょう。

田舎の害虫で特にキケンなのが、ハチです。昔からある古民家や戸建ての家には、大きなハチの巣が、軒先や天井裏などによく作られます。凶暴なスズメバチの巣の場合は、すぐに専門のハチ駆除業者に依頼しましょう。自分で駆除するのは、やめたほうが身のためですよ…。

たとえば、私の母の実家がある北海道江別市では、こんな風に呼びかけてます。ハチを見たら、ハチに刺されたら | 北海道江別市公式ウェブサイト

また、最近「眼鏡職人になる!」と意気込んで、めがねのまち鯖江市に移住した友人は、虫の多さに辟易していました。そのうえ、「庭にハチの巣ができて、本気で死ぬかと思った」と言っていました、その友人は、鯖江市のホームページを見て電話して、アドバイスをもらったそうです。スズメバチに注意! – めがねのまちさばえ 鯖江市

野生の動物が住み込むこともある

古民家の大部分を成している木材を好きな動物は多く居ます。その代表例は、イエネズミでしょうか。その他、ハクビシンやタヌキなども、古民家を好んで屋根裏などに住み込んでしまうことがあります。

タヌキやネズミなどを可愛いと思うならば良いですが、動物が苦手な場合、それらの動物と同じ屋根の下で暮らしていることに嫌気がさすはずです。

また、これら古民家に住み着く動物の中には、家を齧るなどして悪さを働くものも多くいます。そのことから動物を嫌いになることもあるかもしれません。

このような他の生き物から与えられるデメリットも、古民家にはあります。

まとめ

一見すると快適な生活ができそうな古民家も、それなりにデメリットを抱えています。

古民家に住むことを検討しているならば、今回紹介したデメリットなどを参考に、自分に古民家は適しているかを判断してみてください。